2015年1月12日月曜日

【万象堂の健康伝言版】 あったか情報、生姜の効用


★祝!成人の日!成人を迎えられる方、おめでとうございます!★

寒い毎日が続きます。
いかがお過ごしでしょうか?

こんな寒い日には、松岡修造が一番!

そうです、あの“熱いテニスプレーヤー”の松岡さんの
本が良く売れているそうです。
(「人生を強く生きる83の言葉」等~)

私もラジオで内容を聞いたのですが、
とにかく熱い!(少し暑苦しい!)

もともと松岡さんは消極的な性格だったそうで、
それを解消しようと、自分で自分を応援する言葉を思いつき
これまでの作品を本にまとめられているのです…。

例えば…

●「今日からおまえは富士山だ!」

彼は富士山が大好きで、現役時代
テニスで海外の転戦中にも富士山の写真を携帯
(自宅も富士山の写真だらけだそうです…)

見た目の美しさとは別に、登ると険しい富士山。
…自分もそんな富士山のように生きていきたい!
(ちょっと意味、不明)

●「緊張してきた。よっしゃあー!」

緊張するのは、自分がそれだけ本気だからだそうです…
本気な自分を「よっしゃー」で応援!

●「大丈夫!」大丈夫って文字には“人”という文字が三つも入っている!

あなたも私も、たくさんの人に支えられて生きている!
だから大丈夫!辛そうな人にも“大丈夫”と声をかけよう!

●「夢をつかみたいなら今日から君はタートル(亀)だ!」

ウサギと亀の競争…ウサギはゴールではなく、
ライバルの亀のことばかり考えていた。

亀はライバルのウサギではなく、
ひたすらゴールを目指して頑張ってきたから勝てたのだ。
そのことが、大事なんだ!ナイスファイト!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沁みるというか、何か、
彼の天然のマンパワーに
気持ちがポカポカしてきませんか?

全国の新成人に、
お偉いさんの長~い訓辞(貧血と尿意を誘う)よりも

松岡修造さんの本を配る方が、
みんなの未来の為になると私は思うのであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな、“熱い本”を読みながら、
生姜茶とか飲むと、更に体がポカポカ!

今回は体を温める食材の代表、
「生姜」について調べてみました。

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
生姜の成分
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

●香り成分

シオネールという成分が生姜の香りのもと。食欲増進、疲労回復に役立つそうです。

●健康成分

ショウガに含まれている主な健康成分は、
「ジンゲロール」と「ショウガオール」というもの。

「ジンゲロール」の効能 ⇒(生の生姜に多く含まれる成分)

血流を促進して体を温めたり、殺菌作用や免疫力を高めたりしてくれます。
一般的に風邪のひきはじめなどに高い効果を発揮してくれます。

「ショウガオール」の効能 ⇒(加熱や乾燥した生姜に多く含まれる成分)

ダイエット効果や消化吸収能力を高める効果、抗酸化効果
そして体内の脂肪や糖質を燃焼させて、体温を上げる効果があります。

(体の芯からの温め効果は加熱や乾燥した生姜の方に含まれる!)

※「生の生姜」と「乾燥、蒸し生姜」で、成分が変化

生の生姜に含まれているのはジンゲロールがほとんどで、
ショウガオールは生姜を乾燥や、蒸す事でぐんと増える成分です。

市販の乾燥生姜の成分は製法の理由で、
「ショウガオール」の成分は少ないようです。

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
自宅で簡単、乾燥生姜
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

上記のように、同じ生姜でも、生と乾燥したものの効能は違うようです。
漢方でも使われているように、乾燥させたものの方が、
体の芯からの温め効果が高いので、ご自宅でも作り置きをされていたら便利です。

ショウガオールを摂ってからウォーキングのような有酸素運動をすると、
体脂肪を効果的に減らすことができるようです。

●簡単!乾燥生姜の作り方

生姜を厚さ1ミリから2ミリにスライス ⇒ 室内放置で7日程度、又は天日で1日
(そのまま乾燥させても皮が厚く、乾くのは表面だけで中身の水分は抜けません。)

●生姜の摂取量

生姜の1日の摂取目安量は、1日10g程。
スライスなら6枚、おろしたものなら小さじ1杯ほどの量が適量になります。

※胃腸が弱っている時に“乾燥生姜”は避けましょう

乾燥生姜に含まれる、ショウガオールは胃腸の壁を直接刺激して、
血流を高めて深部の熱を作り出す働きがあります。
胃腸が弱っているときは、乾燥生姜は避けた方が無難です。

妊婦さんや6歳以下の子供は避けた方が良いのでご注意を!

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
風邪の予防に生姜湯
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

風邪っぽい時 ⇒ 生姜湯で身体を温め、循環機能を高めることで、
風邪が悪化するのを防ぐことができます。

発熱がある場合 ⇒ 生の生姜をすりおろし、蜂蜜やレモンと一緒に
お湯でわって飲むと発汗作用によって汗をかき、
熱を下げる効果があるといわれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
健康作りにも、料理の隠し味にも、ピリリと役立つ美味しい生姜です

ジンゲオールとショウガオール…
同じ食材でも働きが二つに変化するなんて、不思議な生姜の世界であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に、もう一句
しみじみとした松岡氏の言葉

●「温泉はなぁ、人のことは癒しても、温泉自身をいやしたことはないんだぞ~」

見返りを求める、虫のいいことばかり考えていたらダメ…という教訓
(氏が温泉に浸かりながら気が付いた言葉…だそうです。)

◎万象堂の一句

「生姜はなぁ、人のことは温めても、自分自身を温めたことはないのですよ」
(自然の食材で美味しく健康作りを!…生姜に感謝!)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★これからの花粉の季節のお悩みに!


万象堂のべにふうき茶 粉末 100g





0 件のコメント:

コメントを投稿