2014年11月30日日曜日

【万象堂の健康伝言板】 (食物繊維って・・・その2)


ホットな飲み物が
美味しい季節になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回、あまりにも前フリが長く
食物繊維を2回に分けて
ご説明することになりました。

先日参加した商談会で、
たまたま「きくらげ」を栽培、
販売されている方と話をする機会があり、

「きくらげ」の飲み過ぎには注意!
…とのことでした。
(「きくらげ」の飲み過ぎ?…)

やはり食物繊維が多すぎて
一気に飲むと、

…下るそうです。

よくみると、
「きくらげ」の粉末も販売されていて
特に白きくらげが“効く”そうです。

料理の隠し味…
…又はそのまま飲んで「きくらげ」茶
分量は不明(苦笑)

いろんな情報が飛び交う
商談会でありました。

(…子どもの頃、山奥に行くと、
木に海のクラゲがシイタケのように
生えてると妄想していた私です。)

さて、イカす、食物繊維の続きです…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■おなかの調子と食物繊維
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“おなかの調子”を左右する腸内細菌

腸内細菌には3種類あります。

・有用菌 
・有害菌
・日和見菌(ひよりみきん)

それぞれに働きがあり、

●有用菌(善玉菌)…ビフィズス菌・乳酸菌など
 作用…ビタミンの合成・消化吸収の補助・感染防御など ⇒ 健康維持・老化防止

●有害菌(悪玉菌)…ウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌など
 作用…腸内腐敗・細菌毒素の産生・発がん物質の産生など ⇒ 健康阻害・老化促進

●日和見菌 …バクテロイデス・大腸菌・連鎖球菌など
 作用…健康時は大人しくしているが、体の抵抗力が落ちると悪さを始める

腸内の細菌は年齢とともに変化し、年をとると悪玉菌の割合が増えてきます。
高齢になるとほとんどのビフィズス菌は減少し、若年では検出されなかった
ウエルシュ菌などの悪玉菌が増加してきます。

食物繊維は、腸内の悪玉菌を減少させたり、有害物資を減らしたりする働きがあります。
風邪やストレスにも腸内細菌は敏感に反応して、腸内菌のバランスが変わります。
日々の食事で食物繊維を多く取れるように心がけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■人工食物繊維
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ポリデキストロース】

とうもろこしから作られた食物繊維(水溶性)で安全性は極めて高いとされます。
糖尿病の予防や高脂血症の為に医療用に開発されたもの。
日本では食品としてドリンク剤や加工食品に使用されています。
1gで1キロカロリーで、低カロリー、腸内の悪玉菌を減らします。

【難消化性デキストリン】

とうもろこしのデンプンから作られた食物繊維(水溶性)で安全性は高く、
特定保健用食品として厚生労働省から許可されています。

不足しがちな食物繊維を補う目的で作られたもの。
糖や脂肪の吸収のスピードを遅らせ、整腸作用があります。
日本では食品としてドリンク剤や加工食品に使用されています。

※良くデキました、デキストリン…

もちろん食品を美味しく食べて、
食物繊維はもちろん、ビタミン、ミネラル分などの栄養分を
幅広く摂った方が、体にいいとは思うのですが、
人工食物繊維もピンポイントで使うと便利で効率的ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ひとめで分かる、食物繊維チェック!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食物繊維が充分取れているか?
それを判断するのは、簡単…

つまり、
うんちの状態で判断できます。

【判断の基準】

1・色が黄色
2・バナナ2本分の量で、ほどよくやわらかい
3・水洗トイレの水に浮く…

かたい ⇔ やわらかい
黄色  ⇔ 黒褐色

この縦軸、横軸の中間点が理想です。

そして、食品だけでどうしても不足する時は、
人工食物繊維のサプリ、タブレットを試されても
いいかもしれません。

人口食物繊維の1日の許容上限量は特に定められていません。
それだけ安全性は高いようです。

しかし、食物繊維を強化した加工食品ばかり摂り過ぎると、
おなかが緩くなったり、ミネラル欠乏症になりますので、
必要量をとるようにしましょう。

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。

では、ちょっと私も失礼して、
トイレに…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【食物繊維100g当たり42.7g・カップ1杯で0.4g配合!】


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿