2014年6月18日水曜日

気が付けば糖尿病(糖質制限派 VS バランス食事派編)


今回のテーマは「糖質制限派 VS バランス食事派」です。
ある日新聞で見た雑誌広告で、こんなんがありました。

■ 「炭水化物が人類を滅ぼす」 ~ 糖質制限からみた生命の科学 ~
 光文社新書 夏井睦著

広告によるとその本は大変なベストセラーらしく、
私も早速、書店で買い求めました。

大まかな内容は、
「糖質制限の食事で、糖尿病の症状も改善したし
ダイエットにも成功した」という内容

いくらカロリーを制限し、脂質を減らしても
糖質をたくさん含んだ食事をしていては
糖尿の治療には意味がないというものです。

これには私も同感します。

ところが、
日本糖尿病学会では
こんな食事療法を推奨しているとのこと。

 
■ 毎日の食事のカロリーを1600キロカロリーに抑えましょう。

・食事の比率は以下の内容が理想。
・糖質の比率を60
・タンパク質を1620
・脂質を2025
 
糖尿病学会曰く、
「カロリーや、脂質の摂り過ぎが糖尿病の原因。
だからカロリー、脂質を抑えよう」

…えっ?そうなの?

これは確かに、僕もおかしいと思います。

 
血糖値を上げる唯一の栄養素は
脂質ではなく糖質ですよね。

それなのになぜ、糖尿病学会がそんな
食事療法を勧めるのか?確かに疑問です。

どんどん、糖尿病の患者に
糖尿病を悪化させるような食事療法を医者が勧め、

投薬し、なかなか治療できないから更に投薬…

そして、読み進めるに
著者の書き方がだんだん過激になってきます

夏井さん曰く、これは
「糖尿病で飯を食っている人」
医者、製薬会社の癒着、策略だ!

糖尿病は治らない病気で「ドル箱」だから、
連中は延々と利益をむさぼることができる!

しまいには日本糖尿病学会を消滅させよ!
とまで言い切る夏井さん…

しかし、僕が面白かったのはそこまで(苦笑)

あとは、人類をの敵(?)穀物の進化の歴史、
批判を延々と…難しくてぜんぜん、読めなかったっす…。

 
たしかに今、世間様では
「糖質制限派、バランス食事派」

どちらがいいのか、
静かな議論が起こっているようです。

糖質制限派は、
「憎し、炭水化物、糖質、ブドウ糖!
玄米もそばも、砂糖を舐めると同じだよっ!」
と叫ぶ。

バランス食事派は
「糖質制限法は本当に安全なの?
栄養が偏り、筋肉や骨(骨粗しょう症など)が衰え、
血液ドロドロ、大変な事になるよっ!」
(だいたい、毎日肉ばかり食えんくせに!)
と糖質制限派を批判。

 
そこで、私は
万象堂通販を代表して
改めて本屋に行き、
糖尿病関連の本を調べることに、

あるわ、あるわ、
他の病気のコーナーの倍はあります。
(本の世界でも糖尿病はドル箱?)











・血糖値がみるみる下がる100のコツ
・糖尿病ならすぐに「コレ」をなさい!
・糖尿病の治療革命
・糖尿病のABC
・糖尿病を治したければ腸内細菌を変えなさい
・インスリンも薬も止められた!すごい糖尿治療法
・ためしてガッテン!流 脱・糖尿病の新ワザ
・糖尿病によい食べ物
・糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食
 
…キリがないので書くの止めます。

調査の結果、バランス食事派の内容が8割…
糖質制限派の内容が2割くらいでしょうか。

しかし、バランス食事派の
書いてある内容というのは
昔のデータの焼き直しが多く、
物足りないものが多い…。

有名病院の先生たちの共著も多いのですが、
みんな自分の地位やプライドも気にするようで、
最後は八方美人…差し障りのない、
定説を延々と説明する内容ばかりなり…

先生達、本当は糖尿病の治療の実情を
現場で一番知っているにもかかわらず、
なんか本音を語っているようには
思えない気がします。

何にしても、炭水化物 → 糖質 → ブドウ糖
この流れは不変ですから、

いくらバランス良く食事を摂りなさいと言われても、
そのバランスが取れなかった結果が、糖尿病なんですから、
糖尿になった自分から言えば(その人の体調に合わせた)
「糖質制限の食事」しかないと、思うのです。

あと数年すれば、
科学的にきちんと実証された形での
糖質制限による糖尿病の治療法の本が、
出てくる気がするのですが、

もうちょっと、糖質制限派に
頑張って欲しいものです。

(※糖尿病の専門医、牧田先生の本は絶対おススメです。
何故か書店には並んでなくて、ネットで買うのが便利です。)

・「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」講談社α文庫
・「一番かんたん即やせる!糖質量ハンドブック」新星出版社
・「糖質オフ!でやせるレシピ」成美堂出版 他

その時に初めて、夏井さんの言うような
「糖尿病で飯を食っている人」
たちは困ってしまうのでしょう。

で…僕が思うに

一番困るのは
飲料メーカーだったりして。

あれだけ、砂糖が溶け込んだ
清涼飲料水のCMを放送するというのは

将来の糖尿病予備軍を
間接的に増やし続けていることが
バレバレになるわけでしょうから、

その頃には
タバコの箱に表示してある注意表示のように、
ボトルのラベルの横に

「この飲み物は、
急激に引用すると血糖値がはね上がり、
将来、糖尿病になる危険性があります。
妊婦の方、お子様も飲み過ぎに注意」

とか、そんなことが書かれてあるかも、ですね。

高校時、コーラ(2ℓ!)の一気飲みが得意だった
応援団のT君…今、どうしてる?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回の「気が付けば糖尿病」は「動物にも糖質病?(愛犬ペロ、只今100歳!)」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
万象堂の桑の葉茶 100gで100杯分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿